2006年11月08日

そもそもSE0ってなんや

SEOは、Search Engine Optimizationの頭文字をとったものやな。

直訳したら検索エンジン最適化や。

SEOちゅうただけで、素人の方は犬猿してしまうかもしれまへんね。

正直SEO対策を自分のサイトに施そう思たら、多少なりともHTMLとCSSの知識が必要になってきまんねん。

ウチなんて、最初の頃はHTMLを見ただけで、拒絶反応やったしな。

ほんでも、ネットビジネスをやる上では絶対に必要やと感じるようになってからそれなりに勉強して何となくやけど解るようになってきたんや。

そうなると、今度は楽しくなるもんや。

SEO対策と聞いただけで逃げたりせんとまずは簡単な事からちびっとずつ勉強していったらええだけやで。

ほんでSEO対策を施したサイトを検索サイトの1ページ目に表示されるように頑張っていきまひょ。
posted by タコヤキ at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

ページ数を分割するねや

SEO対策として効果が高い方法はいっぱいあるんやけど、やった分だけ効果があるSEO際策は、「サイト内のページ数を増やす」ちゅうことやな。

ブログのSEO対策の場合、記事を投稿するだけで検索エンジンの検索結果にええ影響を与えることになるんや。

ホームページの場合、「ページ数を増やす」と言ってもなかなか難しいからどういう風にページ数を増やせばよいのか分か方が多いかも知れまへんな。

やから今回はSEO対策の話を交えて、ページ数のすくないホームページにアクセスを集める方法を書いてみようと思うで。

SEO対策、SEO対策と難しく考えるよりも既にホームページをお持ちの場合すぐにもアクセスを集める方法があるんや。

それは掲示板やらなんやらへ書き込みをしに行くっちゅう昔からある手法をコツコツとしても効果がないとは言いまへんが、えらい労力と効果が担いまへんかと思おるさかいにお勧めできる方法ではおまへん。


1ページに文字量が多すぎるサイトはSEO対策として、文字が少なすぎるサイトよりは評価が高いんやけどアンタ、訪問者にとっては「読み疲れる」ちゅう欠点があるんや。

ページ数が膨大にあるサイトの評価が高いと言うことやけどアン、膨大に作れへんにしても、「ページ数を分ける」ことでページ数を増やすことが出来まんねや。

特に企業サイトで製品の歴史等が強烈な文字量で説明されとるのをよく見かけまんねん。

検索結果に引っかかって欲しいキーワードを増やす為、ワザともの凄い文字数を1ページに書き込む方がいらっしゃるちゅうことや。

やけどアンタ…文字が詰まった長文は読んでもらわれへんねや。

折角検索エンジンの検索結果から訪問者があっても、読んでもらえへんならそのページは存在しとる意味もないに等しいわな。

せやったら話題の節目に「改行」を入れて、小気味良くページを分けてみまひょ。

マウスのスクロール量がすくないほどリンクがあるならクリック数は多くなりますし、続きが気になって次のページを読んでもらえまんねん。

ホームページのSEO対策を強化しはる為に、是非ブログも採用した方がええっちゅうことですわ。
posted by タコヤキ at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。